痛いときは室伏整形外科医院 > 当院について

当院について

所在地・診療科目

医療法人社団室伏整形外科医院
神奈川県横浜市旭区本村町102-6
診療科目
整形外科(整形一般、スポーツ整形外科)、リハビリテーション科、リウマチ科
昭和43年開院、平成7年に先代から引き継ぎ、平成14年現在の場所に移転。先代から引き続き、まちのお医者さんを目指しながら「痛みがとれた」「楽になった」と言ってもらえる医療を提供できるように努めています。

地図 GoogleMAPで見るにはこちらをクリックしてください。

※無料駐車場6台あります。

院長よりご挨拶

院長:室伏 貴之(むろふし たかゆき)
院長 : 室伏 貴之(むろふし たかゆき)

痛みの原因は、さまざまですが、実は若い時から・普段の日常からの積み重ねによることが少なくありません。

多くの方は、痛くなってから初めてその症状に気づかれますが、本当はもっと前から始まっています。

よくない姿勢による関節への負担、身体の使い方、運動不足による筋力の低下や肥満、生活習慣など、必ずなにかしらの原因があるものです。ご年配のかた、「もう、トシだから・・・」などと言って、痛むのが当然、治らなくてもしかたがないと思い込んでいたりしませんか?

「加齢」という病気はありません。いくつになっても、痛みのない気持ちの良い生活を送る権利は、誰にでもあるんです。

運動部の学生のみなさん、スポーツによる痛みを「走りすぎ」「投げすぎ」と決めつけていませんか?部活が厳しくて休めない、といいながら無理に負担を掛けていませんか? 中学・高校は3年間という短い期間ですからきちんと対処しないと、「1年間を棒に振ることになってしまって・・」などということになりかねません。

痛みがあると、血管が収縮し筋肉が緊張してしまいます。その結果、さらに痛むという悪循環を引き起こし、放っておけばずっと痛みが続いてしまいます。やがて脳は「痛くてあたりまえ」という風に慣らされてしまいます。この悪循環をどこかでストップさせなければ、ずっとつらい人生を過ごすことにもつながりかねません。

痛みは我慢せず、まずは診察をお受けください。原因と対処法を知ることがはじめの一歩です。

順天堂大学 医学部卒業後、順天堂医院、市立伊東市民病院、関東労災病院、横浜南共済病院などを経て院長就任。日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本整形外科学会認定リハビリテーション医。

診療案内

休診日
木曜、土曜午後、日・祝
※火曜午後は、リハビリ・手術・紹介状持参の方のみの受付です。
受付時間
午前:8:30~11:00 (リハビリは12:30まで)
午後:14:30~17:00 (リハビリは18:30まで)

診療開始は、受付開始時刻の30分後からです。

受付時間表

院内のご紹介

待合室

待合室

受付

エレベーター前

待合室の水槽

スタッフ写真