痛いときは室伏整形外科医院 > いまさら聞けない痛みのあれこれ > 足が痛くてハイヒールが履けないのですが、履けるようになりますか?

いまさら聞けない痛みのあれこれ

足が痛くてハイヒールが履けないのですが、履けるようになりますか?

ファッションが好きでよくハイヒールを履いている方が受診されました。

5~7cmのヒールを履くことが多く、重心は足先にかかり、靴の中で足がずれてしまい、【内反小趾(ないはんしょうし)】と言われる状態で、小指の裏側、外側にタコが出来て痛みがあり、気に入った靴が履けずに困っているとのことでした。外反母趾とは逆で小指が親指側に曲がって変形が目立ちます。

内反小趾の原因は、その方の元々の骨の形だったり、足の筋肉・靭帯のバランスの乱れがあったり、アーチの低下があったり、そもそも初めから靴が合っていない、ということもあります。

当院のインソール外来を受診して頂き、フットケアトレーナーのライセンスを持つ理学療法士がオーダーメイドのインソールを作製して靴に入れ、同時に歩き方の指導、足の筋力の強化指導やストレッチなどを行ったところ、痛みが無くなり好きな靴が履けるようになって頂けました。さらに歩く姿勢も良くなり、長時間歩いても腰も疲れにくくなったと喜んで頂けました。

こんなことでお困りの方、是非当院のインソール外来へご相談ください。

・足が痛くてウォーキングシューズしか履けない方、ハイヒールなど好きな靴が履けない方

・外反母趾がひどく、靴にあたって困っている方

・足が疲れて長時間歩けない方

・スポーツシューズを調整してパフォーマンス(陸上、バスケットボール、野球、テニスなど)を上げたい方