痛いときは室伏整形外科医院 > いまさら聞けない痛みのあれこれ > 自粛生活で足腰が弱った

いまさら聞けない痛みのあれこれ

自粛生活で足腰が弱った

新型コロナウイルス感染の影響で、外出を自粛したり、人との接触を控えた生活が長引き、高齢者の心身の活力が低下や要介護度が進むことが心配されています。

高齢となり筋力が衰え、歩くスピードが遅くなり、運動習慣が減り、さらには体重が減ったり疲れやすくなることを【フレイル】と言います。

デイサービスや通所リハビリに通えず、外出機会が減ったために足腰の筋力が衰え、人との会話する機会も減り、意欲が低下していませんか?

「これではいけない」と思い立ち、筋力が衰えているのに、急に活動を再開することにも、腰や膝に負担がかかり危険が伴います。

先ずはご自身の現在の身体の状態を知り、当院の理学療法士と共に、筋力の回復を目指してみませんか。理学療法士に直接施術と指導を受けることにより、会話を通して意欲も増すのではないでしょうか?