痛いときは室伏整形外科医院 > いまさら聞けない痛みのあれこれ > 整形外科と、接骨(整骨)院、整体の違いとは

いまさら聞けない痛みのあれこれ

整形外科と、接骨(整骨)院、整体の違いとは

Q.整形外科と、接骨(整骨)院、整体の違いとは

患者さんからすると、どれも同じようなもので、明確な違いをご存じないかもしれません。

整形外科では医師(当院長は学会に認定された整形外科専門医です)が診察をし、必要な検査を行い、診断をするという点にご注目ください。診断できるのは、医師だけです。診断の後、病態に合わせて処置、投薬、注射、手術、リハビリテーション等で治療します。

接骨(整骨も同じ)院では、柔道整復師という国家資格保持者が施術を行います。柔道整復師は医師ではなくあんま・マッサージ師、はり・灸師と同じ医業類似行為の資格です。健康保険が使える場合もありますが、捻挫・打撲などのケガ、骨折・脱臼などの応急処置のみが業務範囲であり、それ以外の関節の痛みや慢性的な疾患(腰痛や膝痛など)は取り扱えないことになっています。

接骨(整骨)院に健康保険を使って外傷以外の疾患で通うことは違法です。

整体には、特に必要な資格はありません。誰でも名乗ることが出来ます。保険が使えることもありません。

では、どこがいいのか? という点ですが、それは患者さん自身の判断にゆだねるしかありません。

きちんと検査をし、医師の診断を受けて治療をしていきたいと考える方は、整形外科の受診をお勧めします。

いずれにしろ、自己責任となりますが、レントゲン、CT・MRI、血液検査、その他の必要な検査を行い、症状の原因をきちんと特定し、そこに治療を行うのが整形外科の特徴であり、他の職種では行えません。