痛いときは室伏整形外科医院 > いまさら聞けない痛みのあれこれ > 整形外科でエコーって使うんですか?

いまさら聞けない痛みのあれこれ

整形外科でエコーって使うんですか?

 エコーって何?

よく知られているのは、産婦人科で胎児をみるのに使われています。超音波診断装置です。整形外科領域では運動器エコーと呼びます。

ここ数年、整形外科・リハビリテーションの中でもエコーを使用することが急激に増えてきています。

整形外科医は診断(レントゲンでは分かりにくいところ)・注射などの治療(動きが悪くなっているところ、組織が損傷しているところ)にエコーを使用しています。

また、理学療法士は損傷している部位の確認や筋肉などの動きをみながらリハビリテーションを展開しています。

77日~8日、山形で開催された、日本整形外科超音波学会に院長、理学療法士で参加してきました。この会は、今回で30回(30年前から)、エコーのスペシャリストの話を聞けて勉強になりました。

今後も医師、理学療法士ともに知識を高め、研鑽し、皆様に質の高い医療を提供していきたいと思った2日間でした。