痛いときは室伏整形外科医院 > いまさら聞けない痛みのあれこれ > 子どもの靴が合っていないような・・・?

いまさら聞けない痛みのあれこれ

子どもの靴が合っていないような・・・?

お子さんの成長を見越してついつい大きめの靴を買っていませんか?部活で使っている靴は本当に自分の足に合っていますか?

ゆるい靴では走りにくくて当たり前です。大きめの靴の中では足が動いてしまい、ケガをしやすくなったり膝や腰、肘や肩にも障害が及ぶことがあります。

シューズの紐を縛ったままで履いたり脱いだりしていませんか?

テニスの錦織選手が休憩時間にシューズの紐を結んでいる様子を見たことがありませんか?錦織選手は紐を全てほどいて締め直しています。靴紐は大変重要な役割を果たしており、紐をしっかり締めて足を固定することが大切です。シューズを履く時には、紐をなるべく先まで十分に緩めて足を入れ、踵をトントンと軽く地面でたたいて踵を安定させ、下からきちっと紐を締めて履くとサイズが合っていればきちんとフィットします。

さらに自分の足に合ったインソール(中敷き)を入れることにより、より歩きやすくなったり、部活でのパフォーマンスが上がります。走るタイムが早くなる、バスケでピタッと止まって素早くターンする、より速い球が投げられる、などが可能になります。

当院ではフットケアトレーナーの資格を持つ理学療法士が、1mm単位で調整するオーダーメイドのインソールを作製し、さらに歩き方、足腰の使い方などの指導を行うことによって、足のトラブルを軽減し、さらに運動時のパフォーマンスを上げられるように対応しています。

インソール外来へ、ぜひご相談ください。