痛いときは室伏整形外科医院 > いまさら聞けない痛みのあれこれ > まだ30代ですが四十肩と言われました。

いまさら聞けない痛みのあれこれ

まだ30代ですが四十肩と言われました。

Q.まだ30代ですが四十肩と言われました。

正しくは「肩関節周囲炎」といい、肩こりとは違って「炎症」です。

40代・50代に比較的多く発症するためにそのような呼び名がついているだけで、30代、60代でも起こりますし、30代でそう言われたからといって「加齢が早くきてしまった」と肩を落とす必要はまったくありません。男女差もありません。

中高年になって肩が痛くなった、スムーズに動かなくなってきた、と感じたら40肩・50肩が疑われますが「肩が痛い」といっても全てが肩関節周囲炎とも限らず、別の疾患が潜んでいる場合もあります。

肩関節周囲炎は放置しても1年前後の経過で自然に治ることが多いのですが、整形外科では検査・診断を下してなるべく早く回復して戴くように、物理療法やリハビリテーション、投薬、注射といった治療を行っていきます。

一般的には温ためる、少しずつ動かして関節の動く範囲を拡げていく運動療法が中心になります。

「40肩と思っていて放っておいたけど全然治らない!」という方、本当は40肩ではないかもしれません。