痛いときは室伏整形外科医院 > いまさら聞けない痛みのあれこれ > 足の裏にタコやウオノメはありませんか?

いまさら聞けない痛みのあれこれ

足の裏にタコやウオノメはありませんか?

足の裏にタコやウオノメはありませんか?

足の裏にたタコやウオノメがあっても、痛みが無ければあまり気にならないのではないでしょうか?

立ったり、歩いたりしている時は、足の裏でご自分の全体重を支えていることになります。どれだけの負担がかかっているかおわかりでしょう。

バランス良く足の裏に体重がかかっていれば、たこやうおのめができることはありません。

足にかかる負担を分散するために足はいわゆる土踏まずの部分がアーチ構造になっているのですが、加齢やヒールのある靴を履き続けることによって、アーチが崩れてきます。アーチが崩れると特定の部分に負荷が集中してタコになります。

足のアーチの崩れは扁平足を招き、左右の足の長さに違いが出てしまうこともあります。長さの違う足で、バランスを取りながら歩くことになり、首、肩、腰、膝などに負担がかかります。結果、身体全体に不具合が生じてきます。

当院にはフットケアトレーナーの資格を有する理学療法士がおります。

足のどの部分に負荷が集中しているのか正確に測定して、崩れたアーチを支える対処法を考え、その方に合ったインソールを1㎜単位で調整して身体のバランスを整えた上で、正しい歩き方を指導することができます。

今ご自分の足のケアをして、この先もずっと元気に歩きたい方は、是非当院へご相談下さい。

靴でお困りの方は、当院のインソール外来へご相談ください。