痛いときは室伏整形外科医院 > いまさら聞けない痛みのあれこれ > 痛み止めを飲んでも効きません。もっと飲んでも大丈夫?

いまさら聞けない痛みのあれこれ

痛み止めを飲んでも効きません。もっと飲んでも大丈夫?

Q.痛み止めを飲んでも効きません。もっと飲んでも大丈夫?

医師に処方された薬は、痛み止め(鎮痛剤)にかかわらず、指示された用法と容量は必ず守ってください。

飲み過ぎてしまうと、副作用が出る危険性があります(適量を飲んでいても副作用がでることもあります)。

鎮痛剤は、胃への負担があるため、必要以上に飲み過ぎると、今度は胃が痛くなってしまいます。さらに腎臓や肝臓に負担になって機能に障害をおよぼすこともあります。ひどい場合には命にかかわるような重大な副作用が出ることもあります。

ただし、何度飲んでもどうしても痛い、という場合は医師にご相談ください。クスリの内容を変えたり、別のクスリを追加したり、坐薬や注射を併用するといった方法も沢山あります。